青森県の公立高校の入学者選抜の日程が発表されました。

青森公立 前期選抜入試
願書受付期間:2011年2月14日(月)から18日(金)
前期選抜検査:2011年3月4日(金)
合格者の発表:2011年3月10日(木)


青森公立 後期選抜入試
願書受付期間:2011年3月11日(金)から14日(月)
後期選抜検査:2011年3月15日(火)
合格者の発表:2011年3月18日(金)

青森県教委は今春平成23年度入試にかかわる高校志願倍率(2次調査で平成22年12月15日実施)を発表しました。

青森県の平成23年春の中学卒業予定者は13958人で、進学希望は13804人、進学志願率は98.9%となっています。

青森県内の全日制高校への志願者数は12901人で募集人員14290人に対する志願倍率は0.90倍です。

以下、青森県公立高校 第二次調査進路志望調査結果です。

2011青森県内の全日制高校進学 志願倍率は0.9倍の続きを読む

2011年3月の青森県内の中学校卒業予定者数は13,968人程度であり、2010年3月の中学校卒業者数と比較して、754人の減となる見込みです。

青森県立高等学校(全日制の課程)の募集定員は、10,000人で前年度より545人減で、青森県立高等学校(定時制の課程)募集定員は640人で前年度と同数、青森県立八戸水産高等学校(専攻科)の募集定員も20人で2010年度と同数となっています。

募集定員が増減する主な高校は、
◆青森南高校の普通科が40名増
◆青森工業の都市環境科が35名増
◆大間高校の普通科が35名増
◆八戸東高校の普通科が40名増
◆十和田工業の機械・エネルギー科が70名増

◆青森戸山高校が募集停止で240名減
◆青森工業の建築科が35名減
◆木造高校の総合学科が40名減
◆五所川原工業の電子科が募集停止で35名減
◆弘前南の大鰐校舎が募集停止で40名減
◆岩木高校の普通科が35名減
◆尾上総合の総合学科が募集停止で80名減
◆十和田工業の機械科が募集停止で70名減
◆八戸南高校の普通科が募集停止で200名減
などとなっています。


平成23年3月に青森県内の中学校卒業予定者(国立・公立及び私立)の進路志望状況について、第一次調査(平成22年11月16日現在)の結果が発表されました。

進路志望状況の調査結果によれば、
◆平成23年3月の中学校卒業予定者数は13,955人で、前年より766人減少している。
◆高等学校等進学志望者総数は13,777人で、進学志望率は98.7%となり、前年より0.3ポイント上昇している。
◆就職志望者総数は57人で、就職志望率は0.4%となり、前年と同率となっている。

志願倍率が高いのは
八戸工業 機械科2.26倍
弘前実業 家庭科学科2.20倍
弘前工業 機械科2.14倍
青森東  普通科1.54倍
岩木   普通科1.53倍
八戸東  普通科1.50倍
八戸西  普通科1.50倍

以下は、地区別の中学校等卒業予定者の進路志望状況(第一次調査)です。

2011年3月中学校等卒業予定者の第一次進路志望状況の続きを読む

青森県の公立高校の入試は以下の方針によって実施されます。

◆入学志願者(受験生)の通学区域は、県下一円(全県)とする。

◆入試選抜は、前期選抜及び後期選抜に分けて行い、1人、前期選抜1校1学科、後期選抜1校1学科に出願できます。

◆前期選抜は、一般選抜枠と特色化選抜枠を設け、中学校の校長から提出される調査書、青森県教育委員会が実施する前期選抜の学力検査の成績及び各高等学校が定める選抜資料等に基づいて行うものとする。

◆後期選抜は、調査書、青森県教育委員会が実施する後期選抜の学力検査の成績及び各高等学校が定める選抜資料等に基づいて行うものとする。

◆前期選抜、後期選抜とも、当該校に設置されている学科間で第2志望を認める。

◆前期選抜の合格者は、後期選抜を受験できない。

◆前期選抜の実施教科は、国語、社会、数学、理科、外国語(英語)の5教科とし、後期選抜の実施教科は、国語、数学、外国語(英語)の3教科とする。

◆各教科の学力検査問題は、中学校学習指導要領に示されている基礎的・基本的な内容とする。
 
◆前期選抜 学力検査
学力検査は、次の時問及び教科により出願者全員について実施する。
第1時限 8時45分~9時35分(50分)国語
第2時限 9時50分~10時40分(50分)英語
第3時限10時55分~11時40分(45分)数学
第4時限12時25分~13時10分(45分)社会
第5時限13時25分~14時10分(45分)理科
面接及び実技検査を実施する場合は、学力検査終丁後とする。

◆後期選抜 学力検査
学力検査は、次の時間及び教科により出願者全員について実施する。
第1時限 9時00分~9時40分(40分)国語
第2時限 9時55分~10時35分(40分)英語
第3時限 10時50分~11時30分(40分)数学
面接及び実技検査等を実施する場合は、学力検査終丁後とする。

平成22年度青森県立高等学校入学者選抜「前期選抜の学力検査」は2010年3月4日(木)に実施され、12,415人が受験しました。

学力検査の実施教科、検査時間は、国語と英語が50分、数学、社会、理科が45分で、配点は、各教科とも100点満点で、国語には9点、英語には27点の放送による検査問題が含まれています。

各教科の受験者全体の得点は、平均点を前年度と比較すると、社会は8.4点、数学は3.5点、英語は0.4点上回り、国語は9.3点、理科は14.3点下回った。

学力検査問題は、中学校学習指導要領に示された各教科の内容から、「平成22年度青森県立高等学校入学者選抜学力検査問題作成方針」に基づいて出題されています。

青森県が発表している「各教科ごとに、受験者の誤答傾向と正答率」はこちら

前期選抜入試
学力検査実施日:2010年3月4日
新型インフル対応追試:2010年3月8日
合格者の発表:2010年3月11日


後期選抜入試
学力検査実施日:2010年3月16日
合格者の発表:2010年3月19日

平成22年度の青森県県立高校入試において、前期選抜で追試を行うことが決定しました。

追試は試験を欠席した生徒らを対象に面接や口頭試問などを行うもので学力検査と同程度の内容となります。

詳細は2月下旬に発表されますが、追試は前期選抜入試(本試験3月4日)から4日後の3月8日に実施される予定です。

私立高校偏差値/ 黒田武稔/高瀬物産/